FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
No.045__2009年06月06日 木工事
今週、1階の床に張るフローリングが現場に入ってきました。

一般的なフローリングの多くは合板である複層フローリングで、厚みは12〜15mm程度ですが、ココでは杉の無垢材で厚みは30mm、長さは4mと頑張ってみました。
30mmある無垢材なので当然質感、風合いはとても良く、本物の木の床は気持ちいいものになるはずです。ただ傷がつきやすい(特に杉だし)とか色にバラつきがあるとかメンテナンスが必要とか、そういうのを嫌うと無垢材はなかなか採用できませんよね。
小学生の時の木造校舎のあの床、親戚の家の古い木造家屋の広縁の床...傷だらけでも汚れてても、それが家族の生活の足跡なわけだし、趣があっていいんじゃないでしょうか。

「木なんだから傷がつくのは当たり前、気にしない気にしない」

※いちおう家族も(洗脳したかもしれませんが)納得済み



↓本日は床下収納を製作中でした。既製品を使わずに大工さん仕事にしています。親、子世帯のキッチンにそれぞれ設置です。(蓋は3つになります)


↓床下収納から床下を覗くと、配管や配線が見えます。床下収納は収納力アップはもちろんですが、床下の点検の時に便利ですので小さなものでも1個所設置した方が良いです。水漏れ等点検が必要な時、これなら床下収納の一部を外せばいいですが、無いと床のどこかを切って穴を空ける事になります。


↓1階子世帯のLDKの様子です。床と壁の一部に断熱材が施工されています。黒い柱は化粧柱で建築が完成しても室内に出てくる柱です。黒いのが付いているのは柱に傷が付かないように養生しているからです。写真左の中庭の外壁は来週から始まります。


↓1階親世帯のLDKの様子です。こちらも断熱材に包まれています。


↓2階はあまり変化ないかも。1番奥にユニットバスが見えます。


ユニットバスは安価なものにして、床フローリングにお金をかけるとか、こだわりがあるないで予算を振り分ければ概ね満足できる住まいになると思います。割り切りは必要ですよね。もちろん予算がたっぷりあればそんな考え必要ないんですけど。。

実は建築予算を削るために2階の床は普通では考えられない安価な仕上げにしています。私自身も採用経験ないし、大工さんや工務店は「ほんとにいいの??」って感じだし・・自邸だからちょっと試してみます。(その工事はまだまだ先です)

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/06/06 21:02] | 08-木工事<建方以降> | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<No.046__2009年06月13日 木工事 | ホーム | No.044__2009年06月04日 自転車>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noitz.blog67.fc2.com/tb.php/70-6befaa75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。