FC2ブログ
No.005__2008年12月30日 建築計画
22日以来現場に行っていませんが、24日に全ての解体を終え、25日に敷地をブルーシートで覆って年内の作業は終了と報告を受けました。更地になった敷地の写真は年明け早々にアップするとして、今日は建築の計画についてです。


この建築は二世帯住宅。一般的な住宅と違って二つの世帯、といっても親と子の世帯、しかし嫁姑の関係とか微妙な家族関係が入り交じるわけで、計画当初は自邸ながら「どうなることやら」でした。

二世帯住宅の間取りを書籍でいろいろ見ると分かりますが、完全同居や主機能共有(キッチンは別で居間は共有とか)は別として、世帯を区切るよくあるパターンが「階で世帯を分ける」のようです。年齢の事を考えて親世帯が1階、子世帯が2階が大半です。

我が家の場合、その考えは当初から全くありませんでした。

二世帯住宅の計画の話からそれますが、自邸を設計するにあたり、絶対に譲れなかった私のワガママは、
【「外部とやわらかくつながった中庭」のある家!!】
これ、学生時代からずーっと思い続けて来た住宅の姿です。(学生時代の設計課題で私が設計したものは、中庭が多く登場していました。)

たいていのリビングは、庭があるのにレースのカーテンで窓の外の景色を閉ざしています。あれ、もったいないと思いませんか?庭と一体に、広々とリビング空間を楽しみたいと思いませんか?閉じた中庭があれば、他人の視線を気にすることなく窓を開放、リビングを開放できますよね。でも「閉じた」では・・風があまり通りません。通風は住宅の大切な要素です。そこで今回の計画では木のタテ格子を3重に外部側に配置しています。風が通り抜ける格子で外部からの視線を遮断し、囲われた中庭と一体に生活する住宅、というのが今回の設計の主旨です。(そう目新しい主旨では無いんですけど。)
ただしマイナス要素は、建築コストが上がることです。中庭をつくる分、外壁が増えるなどあります。

さて今回の二世帯住宅の話に戻って、じゃぁ中庭をつくるのはいいんだけど、リビングと一体な中庭なら、それぞれの世帯を階で分けるわけにはいかないよね...それに階で分けるのって、お互いの世帯の気配すら感じない希薄な住宅にならない?・・という事で、それぞれの世帯を左右に分けるプランとなりました。そしてそれぞれの世帯を繋げるのは、主役である中庭です。

他にもいろいろ書きたいことがあったけど、簡潔に書いてきたつもりでも結構長文になってきたんで、そろそろ平面図です。(間取りがまとまるまでに、それはもう長い道のりだったんだけど...。)


【2階平面図】


【1階平面図】

3方を道路に囲まれた敷地です。

各世帯へのアプローチは、「土間ポーチ」をくぐり抜けていきます。ここは屋根はありますが、壁は全て木のタテ格子です。アプローチでもあり、中庭をやわらかく閉ざす機能も持たせています。3重にタテ格子の壁が配置してあるのが分かるでしょうか。(タテ格子は3重それぞれ格子のピッチを変えて変化を与えています。)

図面の左が「親世帯」、右が「子世帯」になります。

中庭に面して「親世帯」「子世帯」のリビングを配置すると、問題なのはお互いの視線です。そこで配置をL型にし、さらに中庭にシンボルツリー(予定では株立ちのヤマボウシ)を植え、適度に視線を反らすよう配慮しました。また、お互いキッチンに立った時には全く視線が合わないよう配慮(必要だと思ったんだけど...)しました。(お互いの洗濯モノの物干しも見えないように...いちおうね)

親世帯は1階にお風呂、トイレを配置したので、もし階段の上り下りが出来なくなっても、1階で生活の全てが出来るような配慮もしています。

共有しているのは階段とトイレです。トイレは1階は親が主、2階は子が主としていますが、考え方は共有としています。(夜、親がトイレに行くのに2階の方が近いし安全なんで、そういう時は気楽に使って下さいな、という感じ)
このトイレが左右分離の二世帯住宅ではくせ者で、共有は嫌!となると今どきの住宅では各階にトイレがあるから4つ(!)になってしまう・・1つガマンしても3つ...いやそれはバカバカしいという事でこうなりました。

総床面積は約178M2(約54坪)となりました。


なるべく一般の方でも読みやすいよう、専門用語はなるべく避けて書いてみました。
言いたいことの1/10も書いてませんが・・とりあえずこんなところで。

CGパースも近いうちに公開します。

追伸(余談)
嫁姑の関係は、(今現在)かなり良好です。←そう思ってるのは私だけ?

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2008/12/30 23:45] | 01-建築計画・CGパース・模型 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<No.006__2008年12月31日 建築計画・CGパース | ホーム | No.004__2008年12月22日 既存の家・解体>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noitz.blog67.fc2.com/tb.php/6-c48c16b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |