FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
No.021__2009年03月13日 擁壁工事
今日はまとまった雨...それでも現場は動いています。
型枠の解体を今日で終えましたが、今週月曜日からの現場の動きを写真とともに書いていきます。(3/9〜12 写真撮影・父)

[3月9日]
ミキサー車とポンプ車で擁壁の壁部分のコンクリート打設です。道を挟んだ反対側の空き地からポンプ車のアームを伸ばしています。電線が邪魔。。。でもこの程度は余裕だろうしもっと大変な敷地はあります。





[3月10日〜12日]
敷地の内側の型枠を解体、内側から透水マットを付けています。擁壁って水抜きの丸い穴が下の方にありますよね。擁壁の裏面に溜まった主に雨水をあの穴から外へ排水するわけですが、この透水マットは擁壁と土との間に空隙を作って集排水能力を高めます。





透水マットを上から見ています。網状のポリエチレンネット(黒いのです)を積層して、それを目詰まり防止のポリプロピレン不織布で包んだものです。(写真では上が開いて黒いネットが見えていますが、今は閉じています)
透水マットではなく採石を入れてもいいですが、今はこれが多いです。

[3月13日]本日現場に行きました。
道路側の型枠も解体です。まだコンクリートが完全に乾いていないのと雨だったこともあってコンクリートが濃い色になってます。これがそのまま擁壁の仕上げ(コンクリート打放し)となりますが、目立ったジャンカやピンホールは無く(全くのゼロは難しい...)、まずまず合格ではないでしょうか。今度コンクリートが乾いてからよく見たいです。





擁壁の天端(一番上のところ)の角は一般的に面木を入れますが(角に小さな段差を作ります)、この擁壁は面木を入れずにツンツンに尖らせています。職人さん泣かせ。内側に少し勾配をつけて天端の水を流します。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/03/13 11:06] | 05-擁壁・土工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<No.022__2009年03月18日 基礎工事 | ホーム | No.020__2009年03月08日 擁壁工事>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noitz.blog67.fc2.com/tb.php/22-0ba8ce4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。