FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
No.097__2010年02月16日 登記
建築工事が終了、入居を終えたので、登記の申請をしました。

普通は司法書士さんに依頼する登記の作業ですが、お金の節約と自分でやってみたい気持ちで挑戦してみました。
申請場所は各務原市のお隣の岐阜市にある岐阜地方法務局です。家から車で20分くらいです。近いので助かりました。


登記に関しては素人同然ですので、何回も法務局に通う覚悟で始めました。
登記にはいろいろな種類がありますが、建築後に行なう登記は3つです。

1・建物表題登記(表示登記)ーー不動産の現況を明らかにします。場所、床面積など。
2・所有権保存登記ーー言葉の通り、誰が所有者かを明らかにします。
3・抵当権設定登記ーー債権者である銀行が、債務者のローン不払いなどがあった時、担保不動産から優先して返済を受ける権利があることを明らかにします。(なんか感じ悪い登記だなぁ..)

については銀行絡みなので、銀行に手続きを依頼しました。私が行なう登記はです。を終えないとには進めません。


■法務局通い1回目
・・表題登記の手続き方法を教えてもらいに行きました。
■法務局通い2回目
・・表題登記の申請をしました。...が、書類に不備があり退却。
■法務局通い3回目
・・再び表題登記の申請。無事に受理されました。
■法務局通い4回目
・・まだ表題登記の書類に不備ありと法務局から連絡が。。再提出。
■法務局通い5回目
・・表題登記終了との連絡。次の保存登記の手続き方法を教えてもらいました。
■法務局通い6回目
・・保存登記の申請をしました。難なく突破。

この他、法務局とは別に市役所に必要書類をもらいに行く必要があります。
法務局の対応は、私のような素人にも親切丁寧でした。
そして、保存登記も終わりましたとの連絡が法務局からあり、私の登記作業は終了しました。


[自分で登記をやってみて]

表題登記は一般の人には難しいかもしれません。申請書類に図面が必要で、工事用の図面とは別物なので新たに作図しないといけません。法務局の人も「これがあるから普通の人に登記は難しい」と言ってました。

↓こんな図面です。一般的には土地家屋調査士さんが作図するようです。



でもこれ、設計の仕事をしていれば、むちゃくちゃ簡単な図面です。

保存登記は誰にでも出来ると思います。表題登記にならって書類を書くだけです。


[登記の費用について]

司法書士さんにお願いすると、表題登記は8〜12万円くらい、保存登記は5〜10万くらいのようです。(※全額が報酬の金額ではありません)

我が家の場合は
表題登記・・・500円くらい。住民票等の各種書類の発行代のみです。
保存登記・・・建物の面積によって決まる登録免許税(税金です)が16,500円。各種書類の発行代に1,000円くらい。

合計20,000円以内で納まりました。法務局に何度も通った労力を考えても、自分でやった価値ありでした。
スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2010/02/16 11:53] | 19-建築完成後 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。