FC2ブログ
No.032__2009年05月02日 鋼製建具工事
4/22に承認したアルミサッシが現場に搬入されていました。コストアップにならないよう、規格サイズをなるべく使いました。どうしても納まりが悪くなるところは規格サイズでなくなりますが、加工費が余分にかかります。



色は黒。今まで自分が仕事してきた中で、黒ってあんまり好んで採用した事ないんだけど(たいていはシルバー系)、まさか自邸で黒を採用するとは思わなかった。。なぜ黒か??...それは外壁が...・・・なんです。
スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/02 23:12] | 09-鋼製建具工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.033__2009年05月06日 電気設備工事
どんなに施主と設計の打ち合わせを重ねても、建築完成後に施主は「こうすれば良かったなぁ..」と思うところがたいてい出てきます。完璧な設計って理想ではあるけれど、車や家電等と違って建築は出来てみないと分からない、気が付かないところがどうしても出てきます。(もちろんそれを無くすよう努めるのが設計屋の仕事です)

その筆頭が「電気」ではないでしょうか。コンセントの位置や数、スイッチの位置や照明器具なんかがそうで、入居後に家具や家電を配置をしてみたら「こっちの壁にコンセントがあった方が良かった」とか。

設計時には特に住宅の場合、家具の配置も図面に描いて(←これ重要)使い勝手を考えながら電気関係をレイアウトしていきます。今回も家族を集めて何回も何回も打合せを重ねました。不思議なのは打合せをするたびに必ずどこかが変わるんです。結局やっぱり「使ってみないと分からない」なんでしょうね。。いやホントに電気は難しい。

↓1階電気図です。ここでは家具は非表示になっていますが、打合せ時には家具がレイアウトされています。コンセント、テレビ、電話、スイッチ、照明等を記しています。


↓そして現場。建前が終ったらすぐに電気工事が入りました。配線がもう何がなにやら・・電気工事のプロが成せる業です。現場の指示としては「出来るだけ梁に穴をあけない」を基本としています。何も言わないと電気屋さんって穴をバスバスあけていきますが、構造的には問題がなくても気持ち良くはないですよね。


↓リビングの天井。ダウンライトの配線です。


↓青いのはインターネット用のケーブルです。家族の何人かがネットを使うので、設計時は無線LANを考えてましたが確実なケーブルによるLANに変更しました。建築形状が無線LANに適していないのもあります。空配管をして将来のケーブル規格の変更に対応する事も考えましたが、追加金額が多くなるしネットの類は将来どうなるか分からないので普通に配線と割り切りました。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/06 23:52] | 15-電気・給排水・換気設備工事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
No.034__2009年05月14日 板金屋根工事
板金工事が始まり、金属屋根を葺き始めました。板金職人さんの足跡が沢山ついているのはご愛嬌。。オレンジがかっているのは夕日のせいです。

一昔前なら「トタン屋根」と呼ぶんでしょうが、近年では一般的になった「ガルバリウム鋼板」による屋根です。トタン屋根は錆びやすいイメージがありますが、ガルバリウム鋼板は金属板にアルミ・亜鉛合金のメッキがされていて高い防食性があります。この住宅では屋根の色を黒にしてますが、そのメッキ鋼板にガラス繊維で強化された着色がされています。トタン屋根で懸念されるペンキの塗り替えの心配はほとんどありません。(永久ではないですけど)

その鋼板を使った屋根の葺き方はいろいろありますが、今回は「立平葺き(たてひらぶき)」といって350mmごとに山状に加工されたものを繋げていくものです。...工場みたい?



↓下から見てますが、これはまだ屋根に乗せただけで繋げていない状態です。鋼板の裏は黒に着色されていません。どんな色でも裏はこの色。


屋根は緩い勾配なので、建築が完成したら屋根面は目線でほとんど見えません。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/14 20:10] | 11-板金工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.035__2009年05月15日 木工事
建前を終えてから、筋かいや構造用合板の耐力壁、間柱等が進んだので、家の中に入ると随分暗くなったのを感じます。

外から見たら足場とシートで無表情な工事現場ですが、中に入るとそれはもう木だらけ。当たり前だけど木造住宅なのを実感出来ます。柱は全て桧(ひのき)の12センチ角。梁は米松です。
それにしてもやっぱり木造って気持ちいいです。そうは言っても完成時にはほとんど隠れてしまうんですよね。このまま住んでも・・いやそれは無い。

↓今の状況です。ここは子世帯のLDK。キッチンに立った感じです。左側が中庭。


↓親世帯のLDKです。右側が中庭。その奥に子世帯のLDKになります。それぞれのLDKがL型に向かい合っています。それぞれのLDKは階段室で仕切られます。


↓2階です。右側が中庭。中庭には落葉樹を植える予定ですが、上から見て楽しめると思います。写真だとワンルームみたいですが、これから細かく間仕切りされます。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/15 22:40] | 08-木工事<建方以降> | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.036__2009年05月19日 板金屋根工事
屋根工事が続いています。

↓棟(緑色の部分です)の周囲は切った張ったの現場合わせ。写真に写っているハサミを使って切っていきます。棟は上から見て普通は45度だけど、ここは45度ではなく右と左の屋根勾配も違います。ややこしい。
(棟にはもう1枚被せますからもちろん黒くなります。)


↓色は小さなカットサンプルを見ると真っ黒ですが、実際の現場で大きく張ると反射もあっていぶし銀な黒といった感じです。この色は過去に何度か使用しているので当たり前ですが、予想通りの色でした。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/19 18:44] | 11-板金工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>