FC2ブログ
No.037__2009年05月21日 来訪者
数日前からツバメが家の中にやって来ているようです。
私は今日初めて見ましたが、ツガイのツバメが家の2階に外から入ったり出たり。よく見てみると、口に何やらくわえています。しばらく観察していたら・・家の中で巣作りしてる!

巣作りは始まったばかりでしたが、自分たちが住む前にお前らが住むのかよ...。可哀想だけど、建築中なんで巣は作らせません。建築が完成したら、オープンな車庫の中とか軒裏とか好きなところで巣作りしてもらって構いませんよ。自分の家でツバメが巣を作ってくれるのは嬉しいです。ただ今はちょっと。。


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/21 22:34] | 00-雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.038__2009年05月23日 換気設備工事
外壁から進入して天井を這う蛇腹な物体・・・換気扇のダクトです。

設備工事は建築が完成するとほとんど見えなくなる脇役(名脇役)ですので、普段見ることがないから家族からも「なんだあれは」と聞かれました。換気扇のダクトと分かれば「ああ、なるほどね」ですね。


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/23 22:23] | 15-電気・給排水・換気設備工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.039__2009年05月25日 外壁工事
外壁に透湿防水シートが施工されました。

以前にも書きましたがこの住宅は通気工法にしています。このシートの上に通気層(空洞)を設けます。室内からの湿気を壁内から通気層を使って外部に逃がすわけですが、このシートを湿気が通っていかなくてはいけません。・・あれ?外壁の雨の進入を防ぐシートなのに、内部からの湿気は外に逃がす??なんかおかしいですよね。
実はこのシート、内部からの水蒸気は通して雨等の水は通さない不思議なシートなんです。その名の通り、「透湿防水シート」なわけです。



透湿防水シートで有名なのは、米国デュポン社の「タイベック」という商品です。透湿防水性能や実績等、高く評価されていますので本工事でも設計図で「タイベックを使用」としました。ただタイベックは非常に高価な事がマイナス点です。

しかし写真を見ると・・図面ではタイベックとしたのに「ニチハ・モエン透湿防水シート」と書かれています...。現場が間違えた??勝手に変えられちゃった??

いえ、これでいいんです。ニチハは国内のサイディング建材メーカーとして有名ですが、これはニチハが米国デュポン社からタイベックを購入して、印刷だけ変えた商品です(ニチハ社に確認済)。国内メーカーという事もありタイベックよりも安く購入出来ます。

ただ「モエン透湿防水シート」にはいろいろな種類があって、これではない商品はタイベックと同じではないので、タイベックと同等にしたい場合には採用する時に注意が必要です。

↓次にコレ。
木の棒ですが、ところどころが切り欠いてあります。一体何か?これも通気工法にかかせない部材です。取り付けられたら紹介します。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/25 21:56] | 99-工事全般いろいろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.040__2009年05月25日 外壁工事
数日前から施工者である「坪根建設」さんの垂れ幕が大きくアピールしてます。


ウチも負けじと(?)ひっそりと小さな看板を今日立てました。


先日書いた、ところどころが切り欠いてある木材、これは通気胴縁と言います。
写真のように透湿防水シートの上から等間隔に取り付けています。この通気胴縁の上から更にボードを張って外壁に空洞(通気層と言います)を作るわけですが、切り欠いてあるところが空気の通り道になります。基礎の所から上へ向かって壁内を空気が上がっていくわけですが、室内からの水蒸気はこの通気層を使って〜屋根の通気層(記事No.031)を通って〜軒先の換気口(まだ未工事)から外部に逃がします。


↓1番下、基礎の部分を見ると、青い部材が付いています。


↓これは防虫のための細かい穴が開いたプラスチック製の部材です。通気胴縁の切り欠いたところから虫が入るのを防いでくれます。この地域は山が近いこともあり、ムカデがよく出るので...その対策です。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/28 21:00] | 99-工事全般いろいろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.041__2009年05月30日 板金外壁工事
外壁の仕上材であるガルバリウム鋼板張りが始まりました。屋根の立平葺きと全く同じ形状です。北面から張り始めましたが、ここは足場が隣地と近接していてとても狭いです。鋼板は屋根から基礎まで1枚ものの長い部材なので、屋根から足場との隙間を通して降ろし、取り付けられていきました。


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/30 21:14] | 11-板金工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>