FC2ブログ
No.026__2009年04月20日 基礎工事
しばらく記事を書いていませんでした。
寝込んでいたわけではなく旅に出てたわけでもなく・・引っ越しで大忙しだったんです。
家庭の事情で4月から、建築現場まで自転車で10分程の仮住まいに引っ越ししました。3月中旬からぼちぼち引っ越しを始めて、全て終えたのが一昨日の18日でした。

今までは愛知県の長久手町から1時間以上かけて現場に足を運んでいましたが、これからは自転車で気軽に来れます。(写真に写っている黄色い自転車が愛車です)

基礎コンクリートを打ってからの日数を考えれば既に建前を終えていてもいいんですが、プレカットが遅れていて、基礎工事を終えた状態で現場は休憩中です。。



天気に左右されますが、予定では今月4月27日(月)が建前(上棟)になります。この1日で柱から梁、屋根まで一気に造られます。木造住宅の建築現場での一大イベントですね。
スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/04/20 20:41] | 06-基礎工事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
No.027__2009年04月23日 基礎工事
27日の建前に向けて、明日は柱、梁等の構造部材がのる土台敷きです。今日はその下準備で土台がのる位置である基礎の天端(立ち上がっている上面)に墨で線が引かれました。

それとアンカーボルト(基礎と土台を固定するボルト)が一部不足していた所があったので、後付けで追加をお願いしました。

後付けだと接着系アンカー(業界では「ケミカルアンカー」と言った方が通じますが、実は商品名です。)というものを使用します。接着系アンカーにはいろいろな種類がありますが、今回の方法は下の写真のとおりです。


↑コンクリートにドリルで穴をあけ(深さ10センチ程)清掃後、その穴にイモムシみたいなカプセルを挿入します。カプセルはガラス製。中に接着剤の液体(主剤と硬化剤は分離)が入っています。


↑そこに全ネジボルト(アンカーボルトになる)をセットします。


↑上からハンマーで叩くとガラス製のカプセルが割れて、穴の中で接着剤の主剤と硬化剤が混ざりボルトが固定されます。今の季節だと2時間も経てば固まります。

使用した商品は旭化成のMUアンカーです。

土台を敷く準備完了。


1ヶ所、土台を使わない所があります。ここはこの製作金物に柱が直接取り付けられます。



明日の土台敷きから、木工事の大工さん(棟梁)がこの現場に初登場となります。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/04/23 19:44] | 06-基礎工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.028__2009年04月23日 木工事(土台敷き)
今日は仕事が忙しく現場に行けたのが夕方でした。着いたら土台敷きは既に終っていました。土台は基礎の立上りにのっていますが、のっていない部材は大引(おおびき)と言って床材の下地になるものです。写真を見ると銀色の棒(束(つか)と言います)に支えられている木材です。これもほぼ終えていました。



こうして土台、大引が組まれると、写真の右の方が斜めの壁であることが分かりやすくなりましたね。

写真の奥の方で柱や梁の木材が積まれています。2階床までの部材は今日搬入されました。残りは建前当日に搬入です。

建前は明明後日ですが、天気予報によると明日は雨。明後日、そして明明後日の当日は天気は回復しそうです。明日の雨に備えて、敷地全体をブルーシートで覆って本日の作業は終了しました。

明日は敷地に足場が組まれます。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/04/24 21:19] | 07-木工事<建方> | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.029__2009年04月26日 仮設工事(足場)
大雨だった昨日に組まれた足場を、本日午後から見に行きました。
足場が出来ると建築のボリュームが見えてきて、「いよいよかぁ・・」と建築に対する気持ちがいっそう高まり、実感がさらに湧いてきます。





昨日が大雨だったこともあり、今日は日曜日でしたが工務店の方が様子を見に来てました。もう雨の心配は無さそうでしたので、覆ってあったブルーシートを撤去し明日の建前の準備を完了しました。

さぁ!明日は上棟!問題なく事故なく良い仕事を大工さん達がされる事を願いながら、明日1日現場に張り付いて見守りたいと思います。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/04/26 22:35] | 07-木工事<建方> | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.030__2009年04月27日 木工事(建前)
本日晴・・でしたが冬空で冷たい風が強くたいへん寒かったです。

朝7時30分に現場に到着しましたが、8時頃までに職人さん達も全員揃って建前の作業が始まりました。棟梁をはじめとした大工さん10名、クレーン操作1名、工務店2名の総勢13名による作業です。

↓クレーン車から見て1番奥の1階柱から立てていきます。


↓1階の柱が終りました。2階まで伸びているのは通し柱です。


↓先日記事にした製作金物に取り付けられた柱です。


↓次に2階の床にあたる胴差し、梁を柱の上にのせていきます。写真は今回工事の中で1番大きな梁、高さ40センチで駐車場の開口に位置しています。


↓胴差し、梁が組み上がりました。


↓リビング天井であらわし(露出)になる梁です。天井の中に隠れない化粧梁は、このように傷が付かないよう紙で養生されてきます。


↓2階の床に、床仕上げの下地になる構造用合板が張られていきます。厚みは24ミリあり、強固な床面がつくられます。この合板もプレカットによる工場加工ですが、今回工事は斜めの壁もあるのでまるでパズルです。


↓1階から見上げると、このようになります。化粧梁と化粧梁の間はボードで塞がれ仕上げされます。


↓次に2階の柱が立ちました。ここでお昼休みです。


↓作業再開。2階の柱の上に屋根の桁、梁がのせられていきます。


↓材料置き場は、敷地の東側の空き地を利用させていただきました。


↓近所の友人宅で、上から1枚。


↓工法は木造在来工法ですが、屋根の一部のみツーバイフォー(2×4)工法を取り入れています。パネル1枚は既に屋根に取りついてますが、もう1枚のパネルがクレーンで吊上げられています。なぜココだけ・・外観デザインのこだわりからですが、完成したら説明しやすいのでそれまでお待ちを。。


↓屋根の構造材が終りました。


↓写真では屋根の一部を残していますが、夕方6時頃、建前の作業が無事終りました。


一部足場にシートがかかりましたが、明日からは敷地全周シートに覆われます。外観が見えなくなってしまうのは残念ですが・・建築完成までのお楽しみです。工事最後、足場がはずれて建築が目の前に現れるあの感動、ほんと楽しみです。


工事に携わった皆さんに事故なくケガなく無事に建前を終えることが出来ました。皆さんありがとうございました。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/04/27 11:33] | 07-木工事<建方> | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>