FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
No.059__2009年07月26日 施主施工(塗装工事)
駐車場内部です。壁の色はパッと見は黒ですが、濃い緑色にしました。塗装業者が先週末から現場に入ったので、これはプロの仕事です。まだ養生のビニールシートが張られていますが、週明けに再度仕上げられて塗装工事はひとまず終了です。軒裏、アトリエの外壁も既に塗られています。

↓そして駐車場に置かれている木の板。


この住宅の外観は今は鋼板に包まれて「金属の家」になっていますが、今後、相当な量の木材で覆われます。木材はそのままでは耐久性がありませんので木材保護塗料を塗る必要がありますが・・その木材に塗る作業、今回の工事では施主自身が行います。

浸透性の塗料なのでムラは出難いし素人でもそれなりに仕上がるので、こういった施主施工はそんなに珍しい事でもないですが、「とにかく凄い量!」なんです。

外部だけでも相当な量の木材なのに、無謀にも内部の木材部分全て塗ることになっています。無垢の杉板フローリングから造付家具、木製建具、建具枠、巾木...考えただけでも恐ろしい。。

今日はそのスタートの日。子世帯のバルコニーは板塀で覆われますが、その板材を塗りました。今日のところは私一人で。これだけ塗るのも汗だくで結構大変。2回塗りしますが今日は1回塗りまで。途中雷雨でビクビクしながら、一人寂しく黙々と塗りました。

外部は「キシラデコール」という塗料を塗ります。内部は「リボス社」の自然塗料を使い分けますが、床は「メルドス」、その他は「カルデット」を予定しています。


さて、なぜ自分達でわざわざ塗るのか?
コストダウンはもちろんですが(我が家の場合50万〜くらい違ってきます)、自分達が家造りに参加することで住まいに愛着が湧くし、自分でやった部分が少しでもある事が誇りにもなると思います。愛着を持てる事で完成後のメンテナンスにも気を配る事でしょう。多少下手でもいいので、施主参加の部分を用意するのはお薦めです。

本当は家族だけで塗れれば理想ですが、流石に量が多いので、友人達にも声をかけて手伝ってもらう予定です。(みんな来てくれるのかな・・)
スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/07/26 20:05] | 18-施主施工(建築主による工事) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.062__2009年08月02日 施主施工(塗装工事)
家具が現場に入ってきたし、建具枠の取り付けもほぼ終わってるし、内部の木部の塗装も始めないといけません。

先日書いた通り木部の塗装は自分達で塗りますが、内部は全て同じ樹種ではなく、色も同じにするわけではないので多種多様です。それぞれの樹種でいろいろ試し塗りをして何色にするか決定するわけですが、結構悩みますね。木目の出方にも気を使って選定しています。


駐車場の屋根の下で試し塗りを一人頑張ってます。本番で「うわ!とんでもない色になってまった!!」と大失敗はしたくないので・・凄いプレッシャーです。塗料も高いし塗り直しは出来ない塗料だし。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/08/02 18:16] | 18-施主施工(建築主による工事) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.065__2009年08月05日 施主施工(塗装工事)
1週間ちょっと前に子世帯バルコニーの板塀の板材を塗りましたと書きましたが、塗り終えた後、「イメージと違って色が濃すぎたんじゃないか??」と悩みました。外部の木部は全て色を統一するので、そのまま進めると今後塗装する全てがイメージと違った濃い色になってしまいます。

「どうしよう...」

考えた結果、やり直しをする決断をしました。雷雨の中、一生懸命塗ったんですけどココで妥協するとずっと後悔するかもしれないし。
工務店に新規の板材の発注を追加工事としてお願いしましたが、相談した結果、塗ってしまった部材をカンナ掛けして再利用する事になりました。桧の板材を色が違うからといって廃棄処分はさすがにもったいないです。

そして今日、カンナ掛けされた板材が現場に搬入されました。ほんの数ミリ削っただけですが、ほぼ素地の状態になっていました。

前回は「キシラデコール」という塗料の「ピニー」色で塗装しましたが、あれでは濃すぎたので今回はクリアー色である「やすらぎ」色に「ピニー」色を混合しました。比率は10:1で、着色を控えめにしました。

↓そして塗装1回目終了。前回は一人でしたが今回は夫婦二人で作業しました。


着色をかなり控えめにしましたが、それでもほんのりと色がつきました。塗装は耐候性を良くするために2度塗りか3度塗りします。塗り重ねると色は少し濃くなります。

イメージ通りの色になりそうです。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/08/05 22:44] | 18-施主施工(建築主による工事) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.066__2009年08月10日 施主施工(塗装工事)
内部の塗装も始めました。

家具塗装の塗料は「リボス」社の「タヤエクステリア」です。黒色にしたかったので「カルデット」の黒色も候補でしたが、若干イメージよりも薄い黒だったので「タヤエクステリア」にしました。(※商品名にエクステリアとありますが、内部で使っても問題ありません)

「リボス」社の自然塗料は植物成分からつくる、環境にも健康にも害のない塗料との事ですので安心して室内で使用出来ますが、一般塗料と比べて高価なのが難点です。ただ高価であっても家族が安心して住めるのなら...安いのかもしれませんね。

塗料自体は粘度があまりなくシャビシャビで、ムラを気にすることなく刷毛で塗って、数十分後にタオルで拭き取ります。普通の塗料と違って埃を気にすることなく塗れます。木材に浸透させる塗り方ですので、木目が奇麗に出てきます。

↓子世帯玄関の収納です。黒で古材風の雰囲気を狙っています。これだけ塗るのに丸一日。


↓どんな塗装工事でも同じですが、塗らないところとの境のマスキングがとにかく大変です。1つの家具を塗るためのマスキングだけで1〜2時間かかりました。ここで手を抜くと浸透性の塗料なだけに悲惨な事になります。。丁寧に丁寧に。
ただビニールクロスで仕上がる部分は塗料がはみ出す事を気にせず塗れます。逆にビニールクロスの工事が始まる前に塗装作業を終えないといけません。


↓子世帯リビングのテレビ台と、脇の収納も塗り終えました。ここも丸一日。


可動棚ははずして塗っています。それも全て塗っていると流石に時間がかかって仕方がないので、可動棚は住みながら塗っていこうと考えています。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/08/10 21:32] | 18-施主施工(建築主による工事) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.072__2009年08月30日 施主施工
今日は日曜日。
職人さん達はお休みですが、建築主による作業は行いました。

↓名古屋から弟夫婦が助けにきてくれました。外構のタテ格子を塗る作業を暑い中作業してくれました。「これだけ塗ってくれると助かるんだけどな...」とちょっと高いハードルの作業量でしたが見事に達成。新婚夫婦にさせるような仕事じゃなかったけど..助かりました!感謝!


↓午後からは伯父さん夫婦が、先週に引き続き親世帯のキッチンの設置作業です。せっかくの休日なのに我が家の建築のお手伝いをしていただいて...感謝!


今日は総勢7人による施主施工の作業となりました。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/08/30 22:21] | 18-施主施工(建築主による工事) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。