FC2ブログ
No.047__2009年06月18日 家具工事
家具工事です。
この住宅には造付家具が8個所あります。下足箱、食器棚、洗面台、テレビ台...などなど。
通常は家具工事を専門に扱う製作業者に発注しますが、同じ木を扱う大工さんと違い、材料の質や製作工程の差もあって結構な金額になります。
そこでローコストにしたい場合の方法で、家具業者に発注せず大工さんに家具を製作してもらう事にしました。家具業者が造るような繊細さは無いかもしれませんが、十分に良い仕事をしてくれます。

家具の設置は工事の後半になりますが、親世帯の下足箱のみ、床のフローリング張りの取り合いもあって先行して設置されました。フローリング張りの取り合いでの設置なのでとりあえずここまで。扉や可動棚はずっと先に取り付けられます。



材料は、集成材と言って小さな木を組み合わせた板を使っています。1枚板よりもソリや狂いが出づらく安定した板材です。木目は独特なので好き嫌いはあるかもしれません。

↓親世帯のリビングは玄関と一体です。写真では少々違和感があるかもしれませんが、住宅自体のメイン玄関は別にあり、そこからそれぞれの世帯の玄関に行くプランになっているので良しとしています。

スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/06/18 12:32] | 12-家具工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.061__2009年08月01日 家具工事
もう何日も雨、雨、雨。これだけ雨の日が続くと工事の工程にも影響が出てきそうです。

造付の家具が現場に搬入され、設置されていってます。家具の「箱」は大工工事でこの後建具屋さんが「扉」を製作・取付となります。扉が付くのはまだ先です。
家具の「箱」はパインの集成材、「扉」はシナ合板になります。

↓子世帯のLDKから見た子世帯の玄関収納です。壁面いっぱいが収納になります。想像していたよりも収納力が多く感じました。


↓反対側から見ています。収納の途中にサブ階段があります。ここは玄関収納の扉と同じ扉を付けるので、玄関に入った時にはここに階段を上がる場所があるとは思えないようになっています。隠し扉みたいなのを狙ったんだけど、上手くいくかな。。


↓可動棚はステンレスの「棚柱」にしました。穴に棚受金物を取り付けて、棚の位置を調整します。見た目は悪いかもしれませんが、簡単に施工出来るし扉を閉めてしまえば見えません。棚の移動も簡単です。


↓親世帯のLDKの家具は設置途中です。こちらも収納力はかなりありそうです。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/08/01 17:56] | 12-家具工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |