FC2ブログ
No.034__2009年05月14日 板金屋根工事
板金工事が始まり、金属屋根を葺き始めました。板金職人さんの足跡が沢山ついているのはご愛嬌。。オレンジがかっているのは夕日のせいです。

一昔前なら「トタン屋根」と呼ぶんでしょうが、近年では一般的になった「ガルバリウム鋼板」による屋根です。トタン屋根は錆びやすいイメージがありますが、ガルバリウム鋼板は金属板にアルミ・亜鉛合金のメッキがされていて高い防食性があります。この住宅では屋根の色を黒にしてますが、そのメッキ鋼板にガラス繊維で強化された着色がされています。トタン屋根で懸念されるペンキの塗り替えの心配はほとんどありません。(永久ではないですけど)

その鋼板を使った屋根の葺き方はいろいろありますが、今回は「立平葺き(たてひらぶき)」といって350mmごとに山状に加工されたものを繋げていくものです。...工場みたい?



↓下から見てますが、これはまだ屋根に乗せただけで繋げていない状態です。鋼板の裏は黒に着色されていません。どんな色でも裏はこの色。


屋根は緩い勾配なので、建築が完成したら屋根面は目線でほとんど見えません。
スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/14 20:10] | 11-板金工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.036__2009年05月19日 板金屋根工事
屋根工事が続いています。

↓棟(緑色の部分です)の周囲は切った張ったの現場合わせ。写真に写っているハサミを使って切っていきます。棟は上から見て普通は45度だけど、ここは45度ではなく右と左の屋根勾配も違います。ややこしい。
(棟にはもう1枚被せますからもちろん黒くなります。)


↓色は小さなカットサンプルを見ると真っ黒ですが、実際の現場で大きく張ると反射もあっていぶし銀な黒といった感じです。この色は過去に何度か使用しているので当たり前ですが、予想通りの色でした。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/19 18:44] | 11-板金工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
No.041__2009年05月30日 板金外壁工事
外壁の仕上材であるガルバリウム鋼板張りが始まりました。屋根の立平葺きと全く同じ形状です。北面から張り始めましたが、ここは足場が隣地と近接していてとても狭いです。鋼板は屋根から基礎まで1枚ものの長い部材なので、屋根から足場との隙間を通して降ろし、取り付けられていきました。


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

[2009/05/30 21:14] | 11-板金工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |